ドッグフードの種類について考えよう

ドッグフードを選ぶときには種類が多くて悩むこともあるかと思われますが、ドッグフードと言ってもそれぞれ種類が異なるので、ここではどんな種類があるのかについて、選ぶときに悩まないためにも紹介します。

まず1つ目は国産のドッグフードです。国産というと安全というイメージを持っている方もいるかと思われますが、一昔前では国内でドッグフードに対しての規制が強くなかったため、あまり品質の良いものが販売されていませんでした。どちらかというと海外の方が規制が厳しいため、安全なドッグフードが多いと言われていましたが、近年ではレベルが高くなってきており、日本でも健康的なドッグフードが多く販売されています。原材料などをしっかりと確認すれば安全なドッグフードに出会える確率は高いでしょう。

続いて2つ目は無添加のドッグフードです。近年では犬と一緒に生活している人が多くなり、犬の健康を阻害するようなドッグフードが注目を集めています。実際に人間が口にすることがない原料が使用されるなど問題になっていますが、無添加のドッグフードは健康を阻害するような原料は使用していません。添加物なども一切使用されていないので、負担も少なく健康的な食生活を送ることができます。

このように、一部分について紹介しましたが、近年では犬の健康を考えたドッグフードが増えてきています。

犬に合わせたドッグフード選び

ドッグフードを選ぶときには、犬種やライフステージなどを目安にして選ぶことも重要になりますが、それぞれの犬によって体調や体質なども異なります。そのため、それぞれに合うドッグフードを考えて選ばなくてはなりません。ここでは一部分ですが、犬ごとの選び方について紹介をします。

まずアレルギーについての確認です。人と同じように犬もアレルギーで悩まされることがあります。このアレルギーは特に犬の場合は食物アレルギーであることがほとんどと言われています。アレルギーの原因はドッグフードにある可能性が高いと言われているので、この場合はアレルギー対策について考えることが大切です。それぞれアレルギーになる原料は異なるので、アレルギーについて心配な場合は、まず検査などをして何のアレルギーなのか確認してからドッグフードについて考えるとよいでしょう。

続いて、去勢手術や避妊手術をしているかどうかによっても選び方は変わります。基本的に去勢手術や避妊手術をしている犬は通常の状態よりもホルモンバランスが崩れていることが多いため、通常の犬と一緒のようにドッグフードを与えると、太りやすくなる可能性が高いと言われています。そのため、このような状態の場合は去勢犬向けドッグフードなどを検討すると、必要な栄養素を取りつつカロリーを抑えることが可能になります。

参考リンク<CANAGAN / ドッグフード通販>
アレルギーを起こしやすい穀物を使用していないドッグフードを通販しています。

犬のドッグフードを考えて選ぼう

犬のドッグフードの選び方は健康に生活するためにも最も重要なポイントです。実際に選ぶときには様々なポイントがありますが、その中でもドッグフードを選ぶときに大切になるのが愛犬のサイズを考えて選ぶことです。大きく分けると小型犬、中型犬、大型犬の3つに分けられるので、それぞれ選ぶポイントについて解説します。

まず小型犬について説明をしますが、小型犬はカロリーの消費量が中型犬や大型犬に比べて多く、カロリーを多めに摂取しなければなりません。そのため、選ぶときには穀物が中心になっているものではなく、なるべく高カロリー、高たんぱくのドッグフードを選ぶとよいでしょう。食いつきやすい原料を使用されていることが多いものですが、食いつきやすいと歯垢や歯石などのトラブルが発生することもあるので、歯磨きについても考えておくとさらに健康的な食生活を送ることができます。

続いて中型犬についてですが、中型犬は運動量も多く活発に動く犬種です。運動が多い中型犬は筋肉を維持することを考えなければならないので、高たんぱくでビタミンやミネラルなどのバランスが取れている食生活を意識することが大切です。また、肥満になると普段の生活が苦しくなるため、なるべく肥満防止に脂質にも配慮されているドッグフードを検討するとよいでしょう。

最後に大型犬ですが、大型の場合は大きな体を支えなければならないので、関節への負担が大きくなるのが特徴的です。身体への負担が大きい犬種になるので、なるべくサポートするための栄養素が摂れる食生活を心掛けましょう。